言説の「ミスリード」を読み解く3つのポイント

①人口100万人当たり死亡者数

テレビでは海外の惨状がしきりに映し出され、西浦博氏も「日本でも42万人が死ぬ」と予想しましたが、日本では新型コロナの被害がとても小さく、2年の累計でも3万人未満でした。その理由は、日本人が元々「新型コロナ」に強い免疫特性を有していたからであり、病原性の低い初期の新型コロナに感染していたからでした。

※当時の『コロナ論』著者小林よしのり氏ブログ
「死者41万人ってアタマおかしいだろ。原爆2個落とさなきゃ殺せない人数だぞ。」

※日本では毎年140万人前後(1日平均3800人)が何らかの理由(病気・自殺・自己等)で亡くなっています。

②人口100万人当たり感染者数

引用元 Our World in Data

世界各国において「ワクチン接種が進んだから感染者数が減った」という相関関係が見られません。それどころか、ブースター接種率が高まるほど、その直後に感染者数が増えていた傾向すら見受けられます。もしかしたらワクチンには感染を助長する働きがあるのかもしれません。

③人流と感染の相関グラフ

グラフの引用元はこちら

日本国内において、人流と感染者数との間に相関関係が一切見られません。

このことから、緊急事態宣言やまん延防止法、時短制限、三密回避、ステイホームなどの「人流制限」の効果がなかったことが分かります。